<< 流星観測@たつの市 | main | パン作り@伊賀市(モクモク手作りファーム) >>

スポンサーサイト

  • 2014.06.29 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


星見@多可町(2009/1/17)

 冬場としては珍しく兵庫県南部/北部とも全般的に晴れとの予報であったため、A(1)さん、Hさんと今年初めて多可町に行ってきました。
 19時ごろにA(1)さんと現地に着き空を見上げたところ、快晴ではありますが透明度は今ひとつの状況でした。とはいえ折角晴れていますので、取り急ぎ機材を組み立て、比較的空の状況の良い西の方角にあったM33に狙いを定めました。とりあえず軽く画像処理してのupです。
M33
M33
Pentax75SDHF+RC0.72+KissX2 ISO800,180sec×1,120sec×3をコンポジット,トーンカーブ調整,960×640にリサイズ→480x320にトリミング
ガイドエラー頻発で使えるコマが激減です...。orz  ちょっとノイジー。

 Hさん到着後、個人的に小休憩をとりました。そうこうしているうちに、北斗七星の高度も高くなってきたので、次はおおぐま座方面に鏡筒をむけました。
 まずはふくろう星雲(M97)とM108です。M97は緑色の写真写りが面白いです。
ふくろう星雲(M97)とM108
ふくろう星雲(M97)とM108
Pentax75SDHF+KissX2 ISO800,180sec×1,120sec×2をコンポジット,トーンカーブ調整,960×640にリサイズ→480x320にトリミング

 続いておおぐま座γ星フェクダ近くにあるM109(NGC3992)とNGC3953です。中央やや下にあるのがM109(NGC3992)、右上にあるのがNGC3953です。ウィキペディアの記事によると両方ともM109の候補だそうですが、現時点ではNGC3992をM109とするのが一般的のようです。
γ UMaとM109(NGC3992)とNGC3953
γ UMaとM109(NGC3992)とNGC3953
Pentax75SDHF+KissX2 ISO800,180sec×2をコンポジット,トーンカーブ調整,640×420にリサイズ→480x320にトリミング

 最後にM101を狙うこととしました。そのころにはファインダーは凍てつき使い物にならなかったため、主鏡+ISO1600/30sec露出で望遠鏡への導入を試みましたが残念ながら導入することができませんでした。あとで撮影した画像を確認したところ、きわめて淡い像が写っていましたが...。もう少し高度があり透明度が高ければ現地でも確認できたかもしれません。

とりあえず直近の課題は以下かなぁ。
・ガイドエラー頻発の対策。
  →極軸合わせの精度のほかに、バランスの問題、電源の問題など思い当たる節いくつかあり。
・導入の手腕の向上。
  →こいつばかりは訓練あるのみ。


スポンサーサイト

  • 2014.06.29 Sunday
  • -
  • 15:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
2009/1/17 兵庫県多可町
昨夜は兵庫県地方は晴れとの予報であったので、りんしゃんさん、Hさんと共に多可町ま
  • A's balcony blog
  • 2009/01/18 6:09 PM
おおぐま座M97、M108とその周辺
2009年1月17日に兵庫県多可町にて撮影した画像を処理した。おおぐま座の系外銀
  • A's balcony blog
  • 2009/01/31 2:39 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
recent comment
recent trackback
selected entries
categories
archives
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM