スポンサーサイト

  • 2014.06.29 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ほたる@多可町

多可町までほたるを見に行ってきました。
今年のピークは過ぎているようでしたが、それなりに見ることができました。
行ったところは、比較的有名どころだったのですが、やはり観光地化されているところは撮影には向かないようです...。

ほたる
ほたる
EF24mm F2.8開放 EOS Kiss X5 ISO1600 6sec x8 トーンカーブ調整、縮小、トリミング


 

流氷観望遠征@網走(2014/2/14-15)その2

 前の記事の続きです。
 15:30いよいよおーろら号5便の出航です。


かもめと流氷
かもめと流氷

増えてきた流氷
流氷
流氷が増えてきました。


一面の流氷
一面の流氷
一面の流氷です。少し陽が傾いてきました。


太陽と流氷
おーろら号が進んだ航跡
流氷帯をつきすすんでいるようです。船首側にも展望デッキがあればなぁ...


太陽と流氷2
夕陽と流氷

減ってきた流氷
流氷帯から離れつつあります。

流氷観望終了
流氷帯から離れました。

天気もよく、風も穏やか。ほぼ満点の流氷観望クルーズでした。

 

流氷観望遠征@網走(2014/2/14-15)

 2月末失効のマイルが少なからずあったため、これの利用をかねて網走まで流氷観望に行ってきました。当初は紋別に行こうかと思っていましたが、マイル特典での予約は既にいっぱい。網走も乗継割引のある羽田経由の便が既にいっぱいで、神戸空港から新千歳空港経由女満別空港のルートで行くことにしました。
 出発当日の天気予報は雪でしたが、出発時刻はまだ小雨で特に影響なく無事定刻に出発しました。

雲海
機内からみた雲海

新千歳空港でプロペラ機に乗り継ぎ女満別空港へ

DHC8-Q400
DHC8-Q400(女満別空港にて)
こちらも無事到着。


女満別空港1
女満別空港(翌日撮影)
女満別空港2
女満別空港の展望デッキにて

 女満別空港から網走市内行きのバスに乗り込みました。砕氷船のりばまで直接行くことができるバスでしたが、15:30発の便の出航にまだ時間があったため、先に宿にチェックインすることにしました。
 この日の宿は、網走バスターミナルのすぐ近くにある網走セントラルホテルです。網走バスターミナルはもちろん、砕氷船乗り場へも徒歩でいける距離にあります。
 宿の部屋は6Fでしたが、窓からは遠くに流氷らしき白い帯が見えます。これは期待大です。
 荷物を置き、防寒用のズボンと靴の滑り止めを装着して一路砕氷船乗り場へ。事前にネットで予約していたのでスムーズにチケットを購入し、いよいよ船に乗り込みます。

砕氷観光船オーロラ号
流氷観光砕氷船おーろら

かもめ
かもめ

遠くの流氷
船から見た遠景
遠くに流氷が見えます。
いよいよ出航です。(つづく)

 

夏合宿@鹿嶺高原(2013/8/10-13)その1

 8月10日から13日にかけて、ペルセウス座流星群の観測を主目的として、長野県伊那市にある鹿嶺高原に行ってきました。
 朝6:40に他1名を乗せて大阪出発。途中渋滞に巻き込まれながら12:30ごろには伊那市駅前に到着。ここで他メンバーたちと合流しました。このまま名物ローメンを食そうと思うも、目当てのお店が13時までで一足遅かったみたい。ラーメン屋で昼食後、R361→R152を経由して麓までたどり着き、そこから山道を12km、やっと着きました。
 標高1800mということもあり涼しくまた遠望も美しいです。

遠望
中央アルプス方面を望む
もう少し透明度がよければ言うことないのですが、まぁ仕方ありません。
 宿泊はキャンプ場併設の雷鳥荘という簡易宿泊施設です。

雷鳥荘
雷鳥荘

 さて肝心の観測場所ですが、駐車場は北の方向の眺望はそこそこあるものの、その他の方向はもうひとつで、また電線もあることから、撮影には不向きです。仕方がないので機材をかついで丘を登ることにしました。
 全体的に木立が多いですが、方向によってはそれなりに開けていますので、適当な場所に機材設置しました。なんやかんやで日付が変わるころから撮影開始となりました。


天の川
はくちょう座からいて座にかけての銀河
Samyang 14mm F2.8→4.0 + EOS Kiss X50(IRC改) ISO800 180sec x20
やはりこのレンズとカメラ(EOS Clipフィルター)の組み合わせは周辺の収差がひどいです...


観測風景
観測風景

 初日は、やや透明度が悪いものの一晩中晴れていて、流星も群・散在あわせて30程度は確認できました。


豪州皆既日食遠征(2日目:Cairns Tropical Zoo)

 日食後、Cairns Tropical Zooに行ってきました。



入場料33A$と少々お高いですが、とりあえず入ってみます。


ヒクイドリ

カンガルーは特定エリアで放し飼いにされているので、直接触れます。






当然ながらコアラもいます。
別料金でコアラを抱っこできます。同行者はトライしていました。


 至る所に日本語の説明書きがあるので、日本人には行きやすい動物園かもしれません。


豪州皆既日食遠征(1日目)

  豪州皆既日食遠征ということで、Cairnsの北、Trinity Beachにやってきました。
TrnityBeach

 月曜の仕事は午前中で切り上げ、関空20:25発のJetStar16便でケアンズ入り。JetStarの前評判は微妙なところもありましたが、定刻よりも早い時間に無事Cairnsに到着。座席の空間とか、機内食はまぁ事前情報どおりなので、事前期待に比べてプラスでもマイナスでもないといったところです。

撮影するタイミングを逸してJetStarはこのショットだけ

 入国審査も無事すませ、レンタカーを借りるまでの間、国内で借りてきたモバイルWiFiルーターの設定。同行の2名は問題なく通信できるのに私のスマホだけ、うまく通信できない。WiFiのコネクションは正常に張れているのに、名前解決ができない状況のよう....。とりあえずあきらめです。

 この間翌日の皆既の時間帯に差し掛かったのですが、天候は雨のち日差しといった状況でかなり不安定な状況。明日も心配な状況ではあります。
 さて、レンタカーを借りるのに、レンタカー屋に電話連絡しなければならないのですが、ここで問題発生。公衆電話からうまく電話がかけれません....。コイン投入口はふさがれているし、クレジットカードをswipeしても認識しないし...。
 なんとか国内線ターミナルの怪しい機械からTELできて、ようやくレンタカーを入手。宿に荷物をおいて、一路買出し等のためにCairns Central Shopping Centerへ。

 腹が減っては戦ができぬということで、まずは昼食。
 BurgerKingのオーストラリア版HungryJack'sのオーストラリアオリジナルと思われるAussie BURGERを注文です。
 でか、重っ
AussieBurger

AussieBurger

 写真ではこのボリューム感は伝わりにくいのが残念です。

 しかしながら、午前3時ごろの機内食以来まともなものを食してなかった我々は全員完食です。

 続いて、私のスマホの通信対応ということで、Optusのショップに行ってPrePaidのSIMを購入しました。$29.95のSIMパックと$2 Dayのプランに加入し無事開通です。
OptusPrepaidSim

 最後にスーパーで買出しを行い、チェックインを済ませてひと段落。

 とりあえず明朝に備えて本日は早めに活動休止です。

機材
持参機材

 相変わらず天気予報は微妙ですが、あとは祈るのみです。
といっているさなかにも星が見えつつもスコールが...


夏合宿@大塔その2 (2010/8/11-13)

  夏合宿@大塔2日目(8/12)。
 危惧された台風は本州から割と離れたところを東進したため、雨も早くにあがってくれました。そこで、奈良県南部の観光名所のひとつ、谷瀬のつり橋に行ってみました。「星のくに」からは15kmくらいですが、道が細い部分もあるため、30分程度はかかります。
 駐車場代(500円)を払い、車をとめた後、早速わたってみました。

谷瀬のつり橋(全景)
谷瀬のつり橋(全景)

谷瀬のつり橋の渡り口
渡り口
一応20人以上は同時に乗れないらしいです。


谷瀬のつり橋から撮影
橋上から撮影

 それほど風も吹いていなかったので、難なく往復できました。

 大塔道の駅に戻り、レストランで昼食後、プラネタリウムの上映時刻が近かったので、ついでに見てきました。ちょっと古めの投影機ですかね。


星のくにのプラネタリウム投影機
「星のくに」プラネタリウム投影機

 その後仮眠を取り夕食の準備を行い、夕食をとりました。
 この時点でいまだ微妙な天気です。台風一過の晴天を期待していましたが、なかなか期待通りには行きません。温泉に入り、天気の回復を待つことにしました。

(つづく)


夏合宿@大塔その1 (2010/8/11-13)

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)
 今年のペルセウス座流星群は月の条件も良いため、五條市大塔の「大塔コスミックパーク星のくに」のドーム付バンガローを借りて、観測することにしました。
 メンバーはA(1)さん
、A(2)さん、A(3)さん、Mさん夫妻、Hさん、Tさん、私の8名と久々に多くのメンバーが集まりました。台風4号の動き次第では、暴風圏に入ることも予想されましたが、もちろん決行です。
 8/11五條のサティに14時集合。買出しを行い、早速現地に入りました。
 
 さて、今回借りたドーム付バンガローですが、ガスコンロ、ポット、冷蔵庫といった基本的な設備は整っています。ただし、電子レンジはありません。また風呂は付帯しておらず、施設の温泉を利用します。トイレは和式です。
 あと昼間はわからなかったのですが、建屋の遮光能力(?)が少々悪いです。各窓には遮光カーテンが備わっているのですが、キッチン側の窓や出入り口上部のガラス部にはカーテンがありません。また出入り口の非常口灯が常時点灯しており、これが外部に漏れます。さらになぜか建屋の外側に門灯があります。これは消せるのですが、気づかずにつけてしまうと周りの人の多大な迷惑となります。「星のくに」からの説明書にも、普段は消すようにと書いていますが、みなさん読みませんよね...。天文を売りにする施設ならもう少し抜本的に光害対策をしてほしいものです。


ドーム付バンガロー
ドーム付バンガロー


バンガローのキッチン
キッチン

FCT125
付帯のFCT125+MS-5

 今回借りたバンガローはFCT125+MS-5が付帯設備としてありました。MS-5は古い赤道儀なので、オートガイド等はできなさそうです。

 さて、1日目の夕食はBBQです。準備が面倒なので、施設で手配してもらったものを食しました。
 最初炭に火がつかず難儀していましたところ、隣の方に火種をいただき、無事食べることができました。台風の影響で今夜はあまり期待もできないので、ビールもそこそこいただきました。

 夕食後、温泉に入りしばらくしていると、予想外に晴れ間が広がってきましたので、急遽観望を始めました。天気は下り坂であることは明らかでしたので赤道儀は組み立てませんでした。観望だけでもよかったのですが、一応デジカメを地面に置いて構図も確認せず、適当に上を向けてシャッターをあけました。2−3個流星を確認しましたが、そのうち割と明るめのものが一つ写野に入っていました。ラッキーです。

ペルセウス座群流星の流星(8/11)
ペルセウス座流星群の群流星(8/11)
EOS KissX2 + EF-S 18-55 F3.5-5.6 IS ->18mmF3.5 ISO1600 30sec

 
すぐに雲が広がってきたため、本日はここで終了。あとはささやかな酒盛りを行い翌日に備えました。

(つづく)



積乱雲(2010/7/25)

 窓から積乱雲がみえたので、連続撮影してみました。
動画1秒あたり実時間で4分くらいです。



 こうして見るとかなりダイナミックです。


さくら(2010/4/10)


 まださくらが咲いていましたので、先週に引き続き撮ってみました。
さくら


さくら

明日・明後日と雨のようですので、散ってしまうかもしれませんね。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
recent comment
recent trackback
selected entries
categories
archives
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM