スポンサーサイト

  • 2014.06.29 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Burgers@San Francisco

 アメリカに来たからにはやはり本場のハンバーガーを食さねばということで、今回2件ほど行きました。

Pearls Deluxe Burger

Pearls Delux Burger

 この店の定番と思われるDeluxe Burgerをオーダー。焼き方を聞かれますのでミディアムレアで注文しました。オーダーしてから焼いてくれます。
 肉汁たっぷりで牛肉を食べている感じがしてかなり良いです。見た目巨大ですが、ペロリと食べれました。
 ダイエットコーラも注文して合計$9.55(税込)でした。

Super Duper burger

Super Duper Burger

 この店の定番と思われるSuper Burgerにチーズを加えてオーダーしました。こちらもオーダーしてから焼いてくれるようです。
 こちらも巨大です。肉は2枚です。比較のためiPhone4Sと並べてみました。
 うん、うまい。こちらもペロリといけました。
 飲み物は別で買ったので、$8.16(税込)でした。

 巨大なだけに日本のそれと比べると少々お高いですが、両方ともうまかったです。


豪州皆既日食遠征(3日目:夕食)

 オーストラリアに来たからにはオージービーフを食わねばということで、3日目の夕食はCairns市内にあるHOG's BREATH CAFEでステーキを食べることにしました。(初日にAussie Burger食べましたが、やはりステーキということで...)
 オーストラリアの各都市にあるチェーン店らしいですが、ネットでの評判は悪くなさそうなので、ここにしました。


Natural Prime Rib

 サラダを3人でシェアして合計$35くらい。
 オージービーフは脂身が少ない分やや固めの印象がありましたが、そんなことはなく、うまかったです。



ぎょうさ@三宮

 神戸三宮で飲み会がありましたので、その途中で餃子を食べました。お店はひょうたん北野坂店です。
 神戸では「餃子には味噌ダレ」がスタンダードですが、この店もそれにもれず味噌ダレが完備されています。
ぎょうざ
 3件目でしたが、これらをほぼ2人でぺろりといきました。なかなかうまかったです。


かつめし@加古川

 加古川の駅前に行く機会があったので、加古川名物「かつめし」を食べてみました。
 お店はJR加古川駅から南の方向に歩いて1〜2分の「いろはーず」に入りました。
このお店では3色のたれが選べ、ハーフなんかもできるそうで。しかしながらまずは基本形ということでもっともノーマルなビーフカツの赤を注文。
かつめし
かつめし

ちなみにハーフだと以下のような感じになります。
かつめしハーフ
かつめし(赤白ハーフ)

 うん、おいしいです。B級グルメたる庶民的なうまさ。
 お店によってたれの味が違うそうなので、色々廻ってみるのも良いかもしれませんね。

 ちなみに、いろはーずの近くには以下のようなキャラの銅像が...。B級グルメで町おこしみたいな感じで、割と力が入っているのかもしれません。

かっつん_デミちゃん




クエ@白浜

  会社の旅行で白浜でクエを食べてきました。以前にも大阪で食べたことがありましたが、本場ということで期待大です。
 バスに揺られること3時間ちょっと。途中寄り道もありましたが、いよいよ昼食です。肝心のクエですが、刺身と鍋がメインぽいです。早速食してみましたが、なかなかうまかったです。同じ白身でもふぐよりはこちらのほうが好みと思いました。

くえ

写真真ん中上がなべ用、右側が刺身です。

 白浜といえば温泉ということで、その後ホテルシーモアの露天風呂に入りました。
快晴であったこともあり、抜群の眺望でした。
露天風呂からの眺望
露天風呂からの眺望




牛たん@仙台

 出張で仙台に行ってきました。
仙台駅

 仙台といえば牛たん。
 ランチに「べこ政宗」で「たん塩定食」をいただきました。

牛たん塩定食

やはり肉厚さがこちらのものとは違うような気がします。
牛たん6きれにテールスープが付いて1200円でした。


皆既日食観測遠征@喜界島(その6) 7/24:鹿児島市内で白熊

 7月24日。帰路のフェリー「あまみ」は順調に進み、予定より早い10時30分ごろに鹿児島港に到着しました。このまま次の目的地に向かってもよいのですが、折角鹿児島まできたのですから、食べねばならぬものがあります。そう白熊です。
 天文館のむじゃきという店に入り、私は普通の白熊を、H夫妻は2人でスペシャル白熊を食しました。

白熊とスペシャル白熊
白熊(右)とスペシャル白熊(左)

白熊
白熊

ところで、この天文館って名前がずっと気になっていましたが、アーケードの中に碑が立っていました。なるほどなるごど。

天文館の碑
天文館の碑

アーケードの中も天文関係の飾りが多く少し楽しそうです。
天文館のアーケード
天文館アーケード

M57の写真も床に埋め込まれています。その他マイナー(?)な馬頭星雲や星座なんかもありました。

天文館床のM57
天文館の床にあるM57




かつお@高知

 高速1,000円を活用して、高知市まで4名で鰹を食べに行ってきました。メインターゲットはかつおの刺身と塩たたきです。7:00に神戸の某地下鉄駅前出発。休日の朝早くというのに車の量はやや多めで淡路SAはすでに満車状態でした。それでも道路は順調に流れ、R11,徳島道−高知道を経て10:30には高知市内に到着しました。
 食事の時間まで少し間があったので、まずはひろめ市場を偵察。「おーすでに混雑している...」。この時間から並ぶのもなんなので、とりあえず観光がてら高知城の天守閣に登ってみました。
高知城
高知城天守閣遠景

高知城より市内を望む
高知城より市内を望む

 お昼に近くなってきましたのでその後土佐藩高知本店でかつおの刺身を食べました。やはり新鮮さが断然違うように感じました。
かつお刺身他
かつお刺身他

 もう一つの目的である塩たたきですが、どこも食べるために並ばなければならない感じでしたし、この時点で比較的腹も満たされていたので今回は断念しました。
 その後観光名所である「はりまや橋」を見に行きました。10年以上前に一度高知を訪れた時はがっかり名所の名に恥じぬ印象でありましたが、今回はちょっとイメージが違っていました。あとで調べてわかりましたが10年くらい前に建て替えれらていたみたいです。写真を見ると確かに平成10年3月完成となっています。
はりまや橋
はりまや橋

 さて四国に来たからにはやはり讃岐うどんを食べなければなりません。しかし高知市を出発しようとした時はすでに13:30となっていました。うどん屋に行くにはかなり出遅れの時間ですが、まずは取り急ぎ比較的近そうに思えた「やまうち」に向かいました。途中琴平あたりで渋滞につかまり、裏道をぬけてなんとか15:30に到着しましたが、すでに玉切れの様で閉店。琴平から善通寺への道は大渋滞していたので、観音寺市の方へ抜けながらうどん屋を探すことにしました。最初にたどり着いたのがJR本山駅の「駅のうどん屋」。ここで「ぶっかけ」の小をいただきました。麺はやや柔らかめですが、割とオーソドックスな感じじゃないでしょうか。もう一軒くらいと適当に探していると、県道237号沿いのドラッグストアの一角にうどん屋を発見。本格手打ちうどん「うまじ家」という店でした。ここでは温玉ぶっかけをいただきました。ここのうどんのコシは割と強力です。コシ強めが好みの方は良いかもしれません。

 食欲も十分満たされたので17:00ごろ観音寺市出発。事前の渋滞予想から明石大橋を避けて瀬戸大橋経由での帰路を考えていましたが、瀬戸中央道→山陽道コースも高松道→神戸淡路鳴門道もどちらも酷い渋滞の模様です。もはや渋滞回避は困難と判断し、瀬戸中央道へ突入しました。結果神戸の某地下鉄駅到着は22:20ごろ。平常時の倍くらいかかりました。結局当日の総移動距離700kmくらい、車中には11時間以上いたような計算になります。夏の鹿児島遠征の前哨戦って感じですが、このくらいの距離・時間ならまだまだ大丈夫そうです。
 旨いかつおの刺身が食べれたのでまずまずの旅でした。次回は塩たたきリベンジと行きたいものです。

パン作り@伊賀市(モクモク手作りファーム)

 会社の旅行で三重県伊賀市のモクモク手作りファームに行ってきました。大阪からバスで2時間弱なので、アクセスは楽チンです。
モクモク手作りファームの園内マップ
 阪神高速−西名阪−名阪国道を経由し、途中渋滞もなく予定通り昼前に到着しました。天気予報は曇りで雪も降りそうな雰囲気でしたが、晴れ間もさす比較的よい天気です。ただし少々風が冷たく屋外でのイベントは勘弁願いたい状況です。
 到着後早速屋内でバーベキューの昼食です。バス旅行ということでアルコールが飲めることは利点です。褐色の地ビールが配給されましたので、それを適量いただきながら肉をたくさん食べました。牛肉と豚肉の両方がありましたが、両方ともなかなかうまかったです。
 昼食も終わり、ほろ酔い状態でいよいよメインイベントのパン作りです。

 まず小麦粉等の材料から生地を作ります。今回は水を使わず代わりに牛乳を使用するとのことです。
パンの材料
パンの材料

 材料を混ぜ合わせコネまくったら(?)、生地を休めたのち成形です。
 しかしながら、やはりこの工程が難しい。なかなか思い浮かべるような形になりません。結局「食べれないことにはならんだろう」と思い、適当に形を作りました。
 焼き上がりまで1時間強ありますので、その間付帯施設の「野天もくもくの湯」に入っていました。入園料とは別に800円必要でしたが、湯温が低めの露天の温泉もあり、時間つぶしのはちょうど良かったです。
パン(出来上がり)
パン(出来上がり)

 適当に生地を成形したものもそれなりの形になってくれました。写真の右のものはリング状だったのですが、膨れて結局半球状になってしまいました。完成品を思った通りの形にするにはこの膨張率を考慮することが重要のようです。
 持ち帰って温め直して食べましたがうまかったです。適当な熱源さえあれば家でもできそうなのでなんかの機会にやってみても良いかもしれません。

18きっぷで浜松餃子を食べに行く

 2008年9月某日曇りくもり時々晴おてんき
青春18きっぷの残りがあと1日分あったため、かねてから気になっていた浜松餃子を日帰りで食べに行くことにしました。

新快速 大阪8:26発の新快速で一路米原へ。平日ということもあり難なく座れました。米原には9:46に到着。次は米原9:53発豊橋行きの新快速に乗り換える必要があるのですが米原駅が工事中のため駅構内の跨線橋で大混雑。なんとかホームにたどり着き運良く席に着くことができました。豊橋に12:00に到着。 続いて12:04発の浜松行きの各駅停車に乗り換えいよいよ目的エリアに到着です。

 浜松の餃子店は結構いろいろなところに散らばっているため、電車のみではアクセス可能な店は限られてきますし、また電車の本数もそれほど多いわけではないのでアクセスの順序も重要になってきます。一応今回は下調べしておいた3件のお店を回ることにしました。
 まず最初の目指す店は「喜慕里」です。浜松のひとつ手前の駅の高塚に12:32に着き、そこから歩くことおよそ10分。目的地につきました。GoogleMapの距離測定ツールによると駅から約850mです。
喜慕里

喜慕里の餃子 数件回る予定のため、ぎょうざ小(¥504)を注文しました。薄皮ぱりっと、香味野菜の香り高く結構好みの味です。もやし+餃子の組み合わせは初めてでしたが結構あいますね。



福みつの餃子 次に高塚駅に一旦戻りJR線で浜松駅へ。そこから歩くことおよそ25分。「福みつ」にいきました。GoogleMapの距離測定ツールによると浜松駅から約2km弱。これ以上駅から遠くなると厳しい距離です。歩き疲れていたこともありここでは中(¥810)をいただきました。厚皮のカリカリ系の焼き面です。食べ方が悪いのか口の中が少し痛くなってしまいました。でももちろんおしいかったですよ。



 「福みつ」からさらに歩くこと30分、距離にして2.2km。遠州鉄道助信駅近くにある「むつ菊」にいきました。こちらでは小(¥420)を注文しました。ごま油の薫り高く皮はぱりっとしていてやはりここも美味しいです。加えて、もやしもシャキッとして非常にうまかったです。
むつ菊
むつ菊の餃子


 この時点で15時を回ったところ。おなかもいっぱいになったので帰路につきました。
 助信駅から遠州鉄道で浜松まで戻り、あとは来た道をそのまま引き返す形で大阪へ。21時には家に帰りました。ニコニコ

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
recent comment
recent trackback
selected entries
categories
archives
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM